Kento & Mariko

2016.11

披露宴テーマ
第一部「感謝」 第二部「楽しい」

挙式スタイル
チャペル式~二部制披露宴

規模
約90名

プランナー
市川 里穂

ゲストと一緒に歌い、笑って、楽しんだ披露宴

「家族や友人に感謝をしっかり伝えたい」
「でも大好きなミュージシャンのように歌いながらゲストと一緒に盛り上がりたい」
その両方を叶えるために考えられた二部制の披露宴

披露宴の前半である第一部のテーマは「感謝」 スピーチやサプライズのサンクスバイト、父母への感謝の手紙を朗読し、家族やゲストへの思いを表現した。また、第二部は「楽しい」というテーマを設定。二人の好きな曲を歌いながら元気いっぱいにお色直しの入場。そのままゲストの間を歌いながらラウンドし、ゲストはペンライトを振って総立ちで迎えるなど会場はさながらライブハウスのような盛り上がりだった。ラストはアンコールも飛び出して、新婦が仲間と感謝を込めたアカペラを披露。しっとりと感動的なお開きとなった。

二部制に設定した披露宴。第一部「感謝」の終盤にふたりがそれぞれ父母への感謝の手紙を読み上げた。

サプライズでお願いした証人と一緒に、完成したウェディングツリーを披露。

ライブのように二人が歌いながら入場して始まった第二部。ゲストも立ち上がって声援を送っていた

写真左.二部制に設定した披露宴。第一部「感謝」の終盤にふたりがそれぞれ父母への感謝の手紙を読み上げた。 写真右上.サプライズでお願いした証人と一緒に、完成したウェディングツリーを披露。 写真右下.ライブのように二人が歌いながら入場して始まった第二部。ゲストも立ち上がって声援を送っていた

披露宴のエンディングは「みんなと一緒に歌いたい!」と歌詞カードを全員に配り、新婦の仲間とアカペラを合唱した。

写真左.披露宴のエンディングは「みんなと一緒に歌いたい!」と歌詞カードを全員に配り、新婦の仲間とアカペラを合唱した。

誕生日が近かったこともあり、新婦から新郎へサプライズプレゼント、袋の中身は1年分を用意した新郎の大好きなお菓子。ゲストも総立ちで祝福した。

個別の席次表は作らず、受付に席次ボードを作って設置した。

写真右.個別の席次表は作らず、受付に席次ボードを作って設置した。

ウェディングケーキに入刀した後、ファーストバイト、ゲストへのサンクスバイトも

誓いの言葉は互いの好きなところや相手に誓いたいことを手紙にして読み合った。

披露宴のお開きはゲストがスタンディングオベーションで二人を見送った。

写真左上.ウェディングケーキに入刀した後、ファーストバイト、ゲストへのサンクスバイトも 写真左下.誓いの言葉は互いの好きなところや相手に誓いたいことを手紙にして読み合った。 写真右.披露宴のお開きはゲストがスタンディングオベーションで二人を見送った。